お電話での見学お申し込みはこちら
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

HOME > 農園をさがす >  エリアから農園を探す > 関西その他

エリアから農園を探す

関西その他エリア

農園一覧

場所
滋賀県草津市草津4丁目8−38
アクセス

車でお越しの場合:
「〒525-0034 滋賀県草津市草津4丁目8−38」とナビに入力

徒歩でお越しの場合:
東海道本線「草津駅」より徒歩20分

  • 空き
  • 月額利用料
    4400円
  • 区画面積
    15㎡

詳細

場所
滋賀県草津市下笠町550-1
アクセス

車でお越しの場合:
「滋賀県草津市下笠町558」とナビに入力

徒歩でお越しの場合:
JR琵琶湖線「草津駅」徒歩30分

  • 空き
  • 月額利用料
    5500円
  • 区画面積
    15㎡

詳細

場所
奈良県生駒市鹿ノ台東3丁目3-473
アクセス

車でお越しの場合:
「奈良県生駒市鹿ノ台東3丁目3−473」とナビに入力

徒歩でお越しの場合:
「学研奈良登美ヶ丘駅」より徒歩20分

  • 空き
  • 月額利用料
    3580円
  • 区画面積
    15㎡

詳細

場所
和歌山県紀の川市東国分206番地
アクセス

車でお越しの場合:
「和歌山県紀の川市東国分206」とナビに入力

徒歩でお越しの場合:
和歌山線「下井阪駅」より徒歩6分

  • 空き
  • 月額利用料
    4000円
  • 区画面積
    15㎡

詳細

滋賀県の魅力
400万年もの歴史を誇る琵琶湖は日本一大きな湖で有名ですが、どれくらい大きいかというと…外周が250キロもあります!
なんと飲まず食わずで回っても3日かかる大きさ!トロのように脂ののったビワマスなどの固有種を含む1000種類以上の多様な動植物が琵琶湖で生活をしています。また標高の高い山岳地帯も多く、身近に日本の四季を楽しめる環境があるので、レジャーには事欠きません!
最近ではクラブハリエが有名ですが、フナ寿司、近江牛など昔から根強い人気のグルメも多くあります。
最後に忘れてはいけないのが、元祖ゆるきゃら「ひこにゃん」。彦根城は、城下町もあわせ1日中楽しめるエリアです!歴史から自然、グルメ、と幅広く楽しめる滋賀県でゆったりとした休日を過ごしませんか?!
体験農園周辺の地域特色
滋賀県の農業にとって琵琶湖は大切な資源です。滋賀に降り注ぐ雨は、400を超える川となって琵琶湖にたどり着きます。
琵琶湖の水は、京都、大阪などの約1,450万人もの人々の暮らしや産業を支える「命の水」として、古く昔から滋賀県の人たちは琵琶湖の水をきれいに保つ努力をしてきました。
農地の約90%が田んぼで水がとても重要となるため、農薬を減らしたり泥水を流さないようにしたりと琵琶湖の水を汚さないよう色々な工夫もしています。
そんな滋賀県の農園は広々とした自然のなか、山水がもたらす肥沃な土地できれいな水を使い野菜作りをできるのが魅力です。
きれいな水でつくったお野菜の美味しさに感動すること間違いなしです!
伝統野菜【滋賀県】
江戸時代から続く近江の伝統野菜をつくってみませんか?
下田なす、豊浦ねぎ、伊吹大根、北之庄菜など
奈良県の魅力
古都奈良は日本発祥の地として、歴史を感じる魅力があちこちに息づいています。 奈良県人の気質を「食いだおれ」の大阪、「着だおれ」の京都と比較して「寝だおれ」というのをご存知ですか?
奈良の人は「おっとり」「のんびり」した方が多く、「奈良には大仏さんがいたはるから、お客さん何ぼでも来てくれはる」というように商売気も少なくのんびりした県民性も魅力です。
古く弥生時代から稲作がすでに行われていたという大和平野は、山から流れる沢山の小川に囲まれているため、今でも平野地域では稲作が多く「ひのひかり」は奈良の誇るブランド米として有名です。
最近では大阪・京都など消費地にあわせ、近畿一の生産量を誇る奈良のいちご「あすかルビー」、トマト、なすなどの生産も盛んですが、古くから生産される大和野菜が多くあるのも魅力です!
体験農園周辺の地域特色
紀伊半島の中心部に位置するため山に囲まれている奈良の気候は冬の寒さは厳しく、夏は盆地特有の蒸し暑さがありますが、古くから農業の盛んな奈良は肥沃な土壌が多く、野菜作りに適しています。
奈良にあるマイファームの農園では山に囲まれながら、楽しくお野菜作りができることでしょう。先人たちの歴史を感じつつ古くから伝わる大和野菜を作ってみませんか?
伝統野菜【奈良県】
歴史の長い奈良だからこそ古くから伝わる大和野菜が多い!
大和まな、ひもとうがらし、大和いも、大和丸なすなど
和歌山県の魅力
南北に広がる和歌山県は、温暖な気候に海と山に恵まれた環境のなか、有田みかん、紀州梅、醤油、と日本人になじみ深い特産品が多い地域です。
古来より「木の国」と呼ばれてきたように県土の77%が森林地帯となっており、平野部が少なく中山間地が多いため農業の中でも果樹が非常に盛んです。また生鮮マグロの水揚げ日本一を誇る勝浦漁港は、勝浦温泉とも隣接しており観光地として有名です。
和歌山には神秘的な魅力も多く、2004年に高野山とともに世界遺産に登録された熊野古道は、平安時代より続く「熊野三山」信仰の巡礼路として1000年以上にわたって祈りを求める人々が足跡を刻み続けてきた「聖なる道」。 自然が多く残り、神秘的な魅力あふれる地域の残る和歌山にぜひ一度足をのばしてみませんか?きっと心がほっと落ち着くはずです。
体験農園周辺の地域特色
和歌山県の気候は県北部が瀬戸内式気候、県南部が太平洋岸式気候といわれています。 瀬戸内式気候は、日照時間が長く降水量が少ないのが特徴。一方の太平洋岸式気候は、黒潮の影響を受け温暖で降水量が多いのが特徴です。どちらも四季を通して比較的温度変化が少なく、冬は暖かく、夏は涼しい、とても過ごしやすい気候となっています。
そんな和歌山の農園は周りを山に囲まれ、紀ノ川のきれいな水にも恵まれていてとってもおいしいお野菜が作ることができます。
大阪からも近く温泉も数多くあるので、農園で農作業をして疲れたあとは温泉でゆっくり、なんて週末ライフをはじめてみませんか?
伝統野菜【和歌山県】
きれいな水と温暖な気候に恵まれた和歌山だからこそ育つ伝統野菜
熱するとトロのように柔らかい?!「湯浅なす」、江戸時代から続く「げんごべえスイカ」、漬物に最適「和歌山大根」など

農園情報の見方

月額利用料金
月額利用料金×12か月分が、初年度のご利用料金となります。リーズナブルな年額利用料金の農園もございます。
※ご利用には、別途、運営費(年額)が必要です。詳しくは各農園のページをご参照ください。
※料金の表示は、消費税(10%)の税込価格です。一部、スローライフガーデン用田/中田のみ税抜価格表示です。
区画面積
1区画あたりの面積です。15㎡(3m×5m程度)が標準的な広さです。
2年目割引
2年目以降の利用料金が割引となる農園です。
AIC割引
年間の利用料金が4万円以上となる農園では、アグリイノベーション大学校の学生割引が適用されます。(※運営費無料)
アグリイノベーション大学校について詳しくはコチラ
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

クレジットカード利用

PAGETOP