お電話での見学お申し込みはこちら
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

HOME > マイファームブログ > 農天気代表 小野淳さんの『農』天気ブログ/発芽を愛でる~妄想と現実~

MYFARM BLOG
マイファームブログ
野菜づくりレポート
2018.03.12

農天気代表 小野淳さんの『農』天気ブログ/発芽を愛でる~妄想と現実~

こんにちは、種まき事業部のませです。
すっかり春になり、マイファームの農園もにぎやかになってきました!今年こそ野菜づくりにトライしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
種を蒔いたり、苗を植えつけたり、今からが楽しい時期です。ぜひ一度お近くの農園に遊びに来てください!
今回の『農』天気ブログはそんな春のワクワクを感じられる内容になっています。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

発芽を愛でる~妄想と現実~


種まきシーズンに入りましたね。
まだ気温も高い低いありますが、この時期になるとホームセンターの種コーナーの前にたたずみ「去年これやらなかったけど、今年はやっちゃおっかな~」などと想いを馳せ数袋買い、又その翌週「やっぱりこれも・・・」などとさらに買ってしまい。
と必要以上に買った挙句に去年の種も結構余ってたなどということになっていませんか?
私はなっています。
しかも種どりしてあるものも結構あるのです・・・
その心はついついブランド物の服やバッグを買ってしまうショッピング女子に通じるものがあるような気がします。
「だって妄想が広がっちゃうんだもの!旺盛に茂りたわわに実ったわが畑の姿を!」
まあ、種の場合、数百円ですからね。と油断するのもいけません。

さて、種をまけば芽が出ます。
今月末に苗植えのワークショップを予定していることもあり、ハウスでは20種類ぐらいの育苗をしているのですが。

かわいくないですか?
センターの3列がアブラナ科、左が春菊、右がレタス類。
アブラナ科はとにかく発芽が早いですからビニールハウス内であれば今の時期2日ぐらいで発芽し、ハート形の双葉がまさしく「ぷりん♡ぷりん♡」という感じですね。
カイワレ(貝割れ)とはよく言ったものです。
対するレタス・春菊といったキク科はシンプルですが、本葉がでてくると途端に切れ味の利いた個性を発揮し始めます。
双葉もいろいろありますが個人的に好きなのがこちら

ニンジンです。
ニンジンは発芽まで1週間ぐらいかかるので、待ち遠しい気持ち発芽したてのか細い立ち姿なんとも言えないんですよ。ポヨポヨした本葉がでてきたときなどポッキリ虫に齧られるんじゃないかと気が気じゃありません。

いやぁいいですね。これは4月ぐらいのニンジン写真です。
しかし、こんなグッとくるベビーリーフちゃんたちですが、我々はここで乗り越えなければならない試練に直面します。
それは間引きです。

これ精神的にきつく無いですか?
確かに食べればいいんです、っていうか食べなくてもちゃんと土に還るから何の問題もないんです。
分かっているんです。
だけど「間引き」っていう言葉がまず、なんというか切ない感じがしてしまうんですよね。
で、後ろ髪惹かれながらほどほどに間引いているうちに

こんなになってしまう。もはや食べきれる量ではない。下手すると蒸れてとろけ始めます。
という感じで「発芽の時期にはいろんな思いが錯綜しますよね」というほぼ中身のないブログでした。
 
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

クレジットカード利用

PAGETOP