お電話での見学お申し込みはこちら
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

HOME > マイファームブログ > \チラ見せつくる通信/付録の種の使い方

MYFARM BLOG
マイファームブログ
野菜づくりレポート
2018.04.13

\チラ見せつくる通信/付録の種の使い方

みなさん、こんにちは!
マイファームつくる通信副編集長の松嶺です。
朝晩は少し冷えますが、日中は半そででも活動できるほどに暖かい日が続く4月中旬。みなさまは畑でどのようにお過ごしでしょうか?
春の植え付けシーズンがやってきていよいよ忙しくされている方も多いと思います。今年の夏~秋に向けて「何を植えようかなー?」と妄想を膨らませる時間は忙しいながらも、幸福な時間だと思います。
「隣の芝は青い」ということわざがあるように、「隣の畑」は何を植えているのかが気になってしまう方もいるかも知れません。ちょっと覗き見してみましょう。
 

こちらの畑ではジャガイモの植え付けをしていますねー。
半分に切って置いていきます。ん~簡単です!
 

その上から2種類の肥料を被せます。土色のコントラストが綺麗です!
 

こちらの畑では立派なイチゴの苗が植えられてます。
夏には自分オリジナルのイチゴ狩りが待ってますね!
 
「いろいろ見ていると迷ってしまう!」という方は、マイファームつくる通信の付録の種に挑戦しましょう!!毎月届く3種類の種は、こだわりがいっぱい。季節に合わせた種類を選んでいるのはもちろんのこと、全て固定種&オーガニックの種子になっています。野菜づくりの原点、出発点、スタート地点である「種」をじっくり観察しながら、愛情込めて優しく種蒔きしてみましょう。

【4月号の種は次の3種類】


★ミニトマト(ラウンドレッド)
★ナス(ビオレッタ)
★ズッキーニ(ブラックビューティ)
種を撒いて、丁寧に土を被せたら、水遣りを忘れないでくださいね!春は風が強い日も多いので、土が乾燥しすぎると種が表面に出てしまったり、風邪で飛ばされることもあるので注意です。

この時期はたまに雨が降る日はありがたいですね。

お水をあげたら目印をつけましょう。
意外と多いのが、「あれ?ここって何を植えたっけ?」というもの。実はベテランでも忘れてしまうんです。人間の記憶はあいまいなものなので、畑でもメモメモ!!
そんなとき便利なのが、みなさんのお声から誕生した「種ラベル」です。
マイファームつくる通信の種がついているパッケージは、(手で)切り取って種ラベルとして畑に挿してご利用いただけます。素材も水でヨレヨレにならない素材を使っていますので、収穫まで安心です。しかも野菜の写真や植え付け日の記入欄もあります。これで何を植えたかばっちり記憶できますね♪
春の植え付けシーズンをかしこく、楽しく充実したものにしていただければと思います。
 
\マイファームつくる通信最新号の購入はこちら/

 
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

クレジットカード利用

PAGETOP