HOME > ご利用の流れ

STEP1
STEP1
まずは無料の農園見学から!
農園見学に行く

農園を探す

まずは農園の見学に行ってみましょう!
WEBまたはお電話にて事前に予約をしていただき、ご来園ください。
各体験農園のスタッフ「自産自消アドバイザー」が、農園をご案内させていただき、ご利用方法について詳しくご説明いたします。

※農園の見学予約は、ご希望の日時(第一~第三希望まで)をお知らせください。
曜日を問わず、お日さまの出ている時間帯であれば、いつでもご見学を受け付けています。

インターネットでの見学ご予約はこちら

お電話での見学お申し込みはこちら
0120-975-257
コールセンター/24時間営業
STEP2
STEP2
お気に入りの農園を年間契約
利用申込み

気に入った農園を見つけたら、いよいよお申込みです。
WEBからお申込みをいただくか、見学時にご案内した「自産自消アドバイザー」までご一報ください。

※契約書に捺印いただき、初回ご来園時にお持ちください。
※希望区画番号を必ずご記入願います。(不明な場合は自産自消アドバイザーにお尋ねください)

インターネットでの利用申込みはこちら

■ご利用料金とお支払い方法

体験農園マイファームでは、お申込み時に、初年度運営費(=入会金)と、1年間の区画利用料※を頂戴しています。お支払い方法については、「銀行振込一括払い」「クレジットカード払い(一括・分割)からお選びください。

※区画利用料金は、農園ごとに異なります。

クレジットカード情報の登録はこちら

※クレジットカード払いの場合は、メールアドレスが必要です。

STEP3
STEP3
農ライフを満喫!
野菜づくりを楽しむ

さあ、楽しい農ライフのスタートです!
初回の来園日には、「自産自消アドバイザー」と一緒に、土づくりや年間の野菜づくりの計画を立てましょう。

  • ご利用区画には、好きな野菜を、自由に植えつけていただくことができます。
    ※種・苗は利用者様ご自身でご準備下さい。
  • 農園は「自産自消アドバイザー」の不在時でも、毎日ご利用いただけます。
    栽培する野菜によって、栽培にかかる手間も変わります。
    週末には必ず通われる方もいれば、月に2~3日のペースで訪れる方も。来園頻度はまちまちです。
  • 1区画は、およそ15㎡(3m×5m 前後)(※これより大きい区画・小さい区画の農園もあります)
    年間平均で20~30種類の野菜を育てることができる広さです。
  • 契約期間は1年間です。
    また、一般の市民農園とは異なり、2年目以降も抽選によらず継続できるので、長期の「土づくり」をお楽しみいただけます。
    ※2年目以降の区画利用料が割引になる農園もあります!

設備・資材について

「体験農園」で、有機無農薬の野菜づくり!
小さなお子様にも安全な畑の遊び場を提供するため、農薬を使わず、有機質肥料をつかって栽培することが、体験農園マイファームの基本ルールです。農園には、必要な農具・肥料が準備されているので、手ぶらでご来園いただけます。
  • 「体験農園」でご用意しているもの

    • 道具

      (鍬・シャベル・ハサミなど)

    • 肥料

      (油粕・鶏糞・有機石灰など)

    • オリジナル
      堆肥

    ※マイファームオリジナルの堆肥は、春に各農園へ配布しています。一部、配布のない農園もございます。

  • ご利用者様にご準備いただくもの

    • 種・苗
    • 衣類・靴
    • 農園にない資材

    ※畑では、汚れても良い服装・靴でお過ごしください。
    ※各農園によって、備え付けの設備・資材が異なります。農園見学時に「自産自消アドバイザー」にお尋ねください。

体験農園マイファームならではのお楽しみ

  • つくる通信アカデミー、開講!
    「自産自消アドバイザー」が先生を務める、農園の
    カルチャースクールを全国で開講しています。

    詳しくはこちら

  • 固定種の種つき情報マガジン(月刊)
    「つくる通信」が読める!
    毎月1冊、ご利用中の農園にお届けします。

    詳しくはこちら

体験農園マイファームの「自産自消アドバイザー」

「自産自消アドバイザー」とは、それぞれの体験農園の運営を担当する、野菜づくりの専門スタッフのこと。
野菜づくりは全くの初心者・・・という方も、ご心配なく!「自産自消アドバイザー」が、野菜づくりの方法から畑の楽しみ方まで、懇切丁寧にお伝えします。

アドバイザー暦5年

小辻 信也さん(箕面5号農園/関西)

家庭菜園歴20数年、けん玉道三段、腹話術四級、家庭菜園検定一級。
腹話術、けん玉教室、大根コンテスト、農園川柳、など、数々の芸を披露してくれる、名物アドバイザー。
トマトが大好きで、マイファームが守りつづけている在来品種『キンカントマト』の栽培を実践中。毎年、ご利用者様とアドバイザー仲間たちにより開催されるイベント「キンカントマト品評会」にも参戦しています!

小辻さんに会える!マイファーム箕面5号はこちら

アドバイザー暦5年

松村 恭子さん(キッチンファーム日吉担当/関東)

植物関係のお仕事の傍ら、ランドスケープデザインを勉強していた経験があり、センス抜群な松村さん。
農園はいつもおしゃれに彩られています。イベントの企画が得意で、開催する度に農園が人でいっぱいに!竹から土台を作って流しそうめんをしてみたり、とれたて野菜のカレーを作ったり、「食べる」ということに着目した独自のイベントが自慢です。

アドバイザー暦2年

杉本 周一さん(天白農園・名古屋東ファーム担当/東海)

定年退職をきっかけに、息子さんの薦めではじまった「自産自消アドバイザー」のお仕事ですが、今はマイファームの農園のお仕事が楽しくてしょうがないとニコニコ顔の杉本さん。
20年前から生ごみリサイクルで土づくりに取り組んでおり、ご近所の方にも菜園講座を開催している人気者。野菜づくり以外にも、幅広いジャンルの会話で、訪れる人を楽しませてくれます。