お電話での見学お申し込みはこちら
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

HOME > マイファームブログ > 【マイハニー便りvol.1】耕作放棄地を再生!ミツバチ、環境、地域に寄り添うマイハニー

MYFARM BLOG
マイファームブログ
野菜づくりレポート
2017.06.28

【マイハニー便りvol.1】耕作放棄地を再生!ミツバチ、環境、地域に寄り添うマイハニー

皆さま、こんにちは!
種まき事業部のませです。
今回は、野菜作りにとって大切なミツバチについてご紹介します。
なぜ急にミツバチなのかというと、実はマイファームは、マイハニーという会社で養蜂業も行っているのです。
なかなか見ることのできない養蜂の世界を、こちらのブログを通じてみなさんにお伝えしていこうと思います!今回は第一回目ということで、ミツバチを取り巻く問題を少しだけご紹介します。

ミツバチが減少?!環境指標生物であるミツバチ



ミツバチは環境指標生物と言われ、きれいな環境でしか生きることができません。そしてミツバチのエサとなる蜜源、つまり植物が無くては生きていけません。数年前から問題とされているミツバチの減少問題についてご存知でしょうか??
それには様々な原因が関わっているのですが、特に私たちが問題と感じているのお米づくりに散布される農薬です。これがミツバチの方向感覚を狂わせてしまい、死に至らせてしまうのです。
また昔は田植えの前にレンゲの花を咲かせ、窒素元としてすきこみ田植えをするということを行っていたため、ミツバチは田植え前の時期にレンゲの蜜を採取できていました。そんな光景も今は見受けられなくなったことも原因のひとつでしょうか。
原因を紐解いていくと、私たちのライフスタイルが変わり、農薬が使われるようになったことが、ミツバチの生死にとても影響しているのです。
イチゴ、メロン、かぼちゃにズッキーニ… 地球上の農作物の約6割はミツバチの受粉の恩恵を受けています。みんな知らず知らずのうちにミツバチと関わり、支えられているのです。ミツバチと触れ合うことにより、自然の、環境の大切さをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

耕作放棄地を再生し、おいしいハチミツを届けています



2014年にマイファームの子会社として設立したマイハニーの養蜂場は兵庫県の北部に位置する養父市にあります。
マイハニーの紹介はこちら>>http://myfarm.co.jp/myhoney/
一面に広がるレンゲ畑はマイハニーの中心人物である安達さん、中村さんが耕作放棄地となっていた場所に何十キロものレンゲの種を撒き再生させました。もともと荒地だった場所がよみがえっていくのが嬉しく、地元の方も頻繁に通ってくださいます。

蜜源となるクローバー(右上)、ボリジ(右下)、タイム(左)
養父市出身でマイハニーの中心人物である安達さんに話しを伺いました。
「マイファームの「耕作放棄地をなくす」という理念のもと、自分たちで耕し、苗を植えて蜜源を作っているというのが大きな特徴。環境にも、ミツバチにも、人にも優しく。
なんといってもマイハニーの蜂蜜の魅力は「生ハチミツ」!!酵素が生きたままだから身体にすごく良い。
最終的には、地域の人たちと連携して共同商品などを出していきたい。地域の活性化をして地域の役に立っていきたい。」
◎2016年12月のガイアの夜明けでマイハニーの取り組みを安達さんが紹介しています!
ぜひご覧ください>>http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20161206.html

採蜜の最盛期!酵素が生きたままの生ハチミツの美しさに感動!




いかがでしたでしょうか??
養蜂業の1年は採蜜を終えると、夏の暑さ対策、お盆過ぎたらスズメバチから守り、冬を越すための準備、、、、など大忙しです!
みなさんに美味しい蜂蜜を届けるため、これからも地域、環境、ミツバチに寄り添っていきますので、また次回の【マイハニー便り】をお楽しみに!
******************
マイハニーのはちみつを味わいたい方は・・・
【数量限定!締め切り迫る!!】6月に採蜜したばかりのマイハニー生ハチミツプレゼント!「マイファームつくる通信」創刊記念プロジェクト実施中!
マイファームが発刊する「マイファームつくる通信」の創刊記念として、定期購読をご契約いただいた方に数量限定でマイハニーの採れたてハチミツをプレゼント!!「つくる通信」とは、毎月3種類の在来種の種と一緒にお届けする購読紙で「種」や「栽培」に関するストーリーや真実をお届けしております!
詳しくはこちらへ>>>>
https://www.makuake.com/project/myfarm/
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

クレジットカード利用

PAGETOP