お電話での見学お申し込みはこちら
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

HOME > マイファームブログ > マイファームつくる通信5月号発売スタート!

MYFARM BLOG
マイファームブログ
つくる通信
2018.04.27

マイファームつくる通信5月号発売スタート!

みなさん、こんにちは!マイファームつくる通信副編集長の松嶺です。
4月25日発刊の最新号「マイファームつくる通信5月号」が発売スタートしました!今月は「家族で楽しむ自産自消」のテーマのもと、たくさんのファミリーの様子を中心に特集しています。GWで田舎に帰省する方も多いと思いますが、大切な方と一緒に汗を流したり、笑いあったり、食卓を囲んだりする幸せを満喫してくださいね。

 
表紙は京都府京都市の「京都沓掛農園」です。
後ろに見える大きな樹はビワの木。育っている長ネギが美味しそうですね!
 
 

特集ページ取材秘話


5月号の特集は、マイファーム三田農園のアドバイザーをされている坂東暁さんと奥さんの由規さん夫妻です。
お二人は、兵庫県神戸市で「自然農ささやき村農園」という名の農場を経営しながら、自然農を通して生まれてくる音楽を伝える活動もされています。
 

取材の日も畑を歩きながらお野菜の説明を伺っていると、自然と「フンフ~ン♪」と鼻歌が出てくるお二人。何気ない日常に音楽×自然がそっと寄り添っているのを感じ、私も楽しく、幸せな気持ちになりました。
お二人の音楽活動の拠点は主に関西地方ですが、呼ばれたら駆けつけてくれるそうです。最近は地域のお祭りやイベントでも引っ張りだことのこと。優しいアコースティックギターのメロディと綺麗な歌声のハーモニーはほんわかした気持ちになること間違いなしです!
 
【音楽活動の様子はYouTubeでもご覧いただけます】
https://www.youtube.com/watch?v=OXYxO1-k1wc
 
大阪市から移住されたお二人。移住先のお家もお二人色にどんどん変身していっていました。まず作ったというのがこのポスト!(可愛い!!

最近まで取り組んでいたのはアースバッグハウス
土嚢を壁として円状に積み上げていくこの建築方法で、自然に還ってもいいものだけで作り上げていきます。
この日は夜から雨風が強くなる予報だったのですが、被せてあったシートを外して全貌を見せてくださる坂東さんの優しさが嬉しかったです。

気温が高い3月でしたが、中に入ると空気がヒンヤリしていました。ここに種の保存をしたり、お野菜を貯蔵したり、道具を置いたりするようです。屋根を茅葺きです。自然のものだけでこれだけしっかりしたものができるって、先人の知恵はすごいですね!


食べ物、ポスト、貯蔵庫、トイレに石釜まで身の回りのもので0⇒1を創造する
このなんでも手づくりできてしまうところが、「百姓」のすごさです。
その生活を通して、二人の感性からあふれ出る音楽。農ある暮らしって素敵!!と誰しもが一緒に歌いたくなってしまいます。
そんなお二人のことを特集した5月号をぜひお楽しみくださいませ。
 
 
 
\マイファームつくる通信最新号の購入はこちら/ 

 
0120-975-257
コールセンター/24時間営業

クレジットカード利用

PAGETOP